>

厚生労働省と消費者庁の所管

食品衛生法に基づく営業許可について

どのような食品を通信販売するのかにもよりますが、食品を販売する場合は基本的に各自治体の保健所に届け出をする必要があります。
つまり、販売者が食品衛生責任者であることが大前提です。
営業許可を取るまでの一般的な流れとして
・保健所に事前相談
・営業許可申請(必要書類を保健所に提出します)
・営業許可書の交付
になります。

許可を受けている施設で製造されたパック入りの食品をそのまま販売する場合や、缶やペットボトル、農産物を販売するにあたってはこの限りではありませんが、継続的に通販を行う場合はどのような食品を販売するにしても、起業時には必ず各自治体の保健所に相談をしてください。
食品衛生責任者の資格があれば、後は各自治体の保健所に営業許可の申請をするだけです。分からない事があったら保健所に確認を取りましょう。

手作りの物を販売する場合

フリマサイトや手作りの物を販売するアプリで、手作りのお菓子を販売していることがありますね!
とても可愛らしいお菓子やパン、手作りの食品などが沢山出品されています。

元々、実店舗がある場合は食品生成法に基づく営業許可を取れていますので、そのままお店で出している食品を通販することが出来ます。

しかし、個人の自宅でお菓子などを作って販売する場合は、各自治体の保健所に営業許可を取る必要があります。
作る食品の性質にもよりますが、冷凍庫で保管しなければならない食品はもちろん保管する冷凍庫の温度を確認されます。
保健所は手作りされたものが安心で安全な場所で作られているものであるか、保管方法は万全であるかなどを保健所の担当者と食品衛生責任者が立ち合いのもと確認して営業許可を出します。


この記事をシェアする