食品系通販を始めたい!資格や営業許可、多額の準備費は必要?

食品衛生責任者と営業許可と広告について

食品を売る場合には必要となる国家資格です

食品通販とはどのようなものなのでしょうか?
流れとしては、Webでお客様から注文を受けて在庫を発送になります。
冷凍や冷蔵を必要とする食品なのか、長期保管が可能な食品なのか、売りたい食品の種類によっても保管方法が違ってきます。

元々飲食店を営んでいて自社の食品を売りたい場合。
手作りのお菓子を通販で売りたい場合。
海外や国内での珍しい市販のお菓子を売りたい場合。

また、食品を売るプラットフォームをどうするのか。
大手のサイトに登録をして売るのか、フリマアプリ売るのか、自社でHPを作成して売るのか。

何を売るのか、どこで売るのかによって資格と準備金は変わってきます。
(基本的に食品を販売する場合は食品衛生法に基づく営業許可が必要です。)

食品を売るという事は、安全を売ることにもなります。
通販で手に入れた食品を食べて、万が一にも食中毒になることの無いように細心の注意を払ってお客様にサービスを提供しなければなりません。
そういった知識を得る為に、各都道府県では「食品衛生責任者」の資格を取ることを食品を扱う店舗に義務付けています。

ただし、
・農産物
・市販のパック入りの食品(缶入り飲料なども含む)
などについては上記通りではありません。細かい取り決めは各都道府県によって違いますので、管轄する保健所に問い合わせてみましょう。

準備金については、起業の規模や扱う食品によっても違います。起業前に必ず必要な金額を予算で割り出しておきましょう。
副業で食品通販をするのか、主業で食品通販をするのかにもよりますが、起業してすぐに軌道にのるのは稀な事です。準備金は多ければ多いほど安心です。

何をどこで売るか

「食品衛生責任者」とは食品を販売する場合には必ず必要となる国家資格です。 農作物などの一部例外もありますが、カフェや居酒屋を開く場合も必ずこの資格を持った責任者がいなければ開業は出来ません。 ネット通販をする場合も「食品衛生責任者」の資格が必要になります。

厚生労働省と消費者庁の所管

食品衛生法は厚生労働省と消費者庁の所管になります。食品衛生法に基づく営業許可を判断するのは、各自治体の保健所です。 食品を扱う通販を行う場合、開業前にまず食品衛生管理者の資格を取りその後営業許可を取りましょう。 扱う食品が正しく保管できる環境にあるかなどをチェックされます。

準備資金が多いに越したことはありません

どの職種でも準備資金が多いに越したことはありません。 食品系通販の場合は、扱う食品の保存が適温で出来る環境を作らなければなりません。 また、自分でHPを作る場合は広告費がかかりますし、大手サイトに登録する場合はプランにもよりますが最低でも年に20万円ほどの登録料がかかります。